意外と古い?レンタルの歴史

私たちの暮らしに欠かせない、ファッションレンタル。
着物やドレス、スーツ等、特別な時に誰もが利用したことがあるかと思います。
一度や二度しか着ないような、着る機会が少ないものは、買ってしばらく置いておくということがためらわれます。
まさにタンスの肥やしです。
それを防ぐためにも、レンタルは実に画期的なサービスです。

ここ2~3年の間には、普段着る「普通の服」のレンタルというものが広まってきました。
今までにはあまり見かけなかった、新しいサービスです。
恐らく、おしゃれが好きな人や、ファッションの流行に乗りたい人等の需要が高まったためではないでしょうか。
少しずつ、レンタルがより身近に、そして特別な時だけのものではなくなりつつあります。

今は多くの人が、何においても安くて良いものを求めています。
ファッションレンタルこそ、その一つだと思います。
新品の服を買うよりも安く、いろいろな種類のものを楽しめます。
月々の服代として、1万円以上使うという人が4割もいるという噂をどこかで耳にしました。
レンタルを上手に利用すれば、そのような出費を大幅に抑えることができます。
この先さらに、レンタルが親しまれていくようになるかもしれません。

新しいサービスが広まりつつあるファッションレンタルですが、私たちの暮らしの一部となるまでに、一体どのような経緯があったのでしょうか。
歴史を振り返るとともに、メリット等についてもさらに詳しく述べていきます。

TOPへ戻る